犬の胆嚢

1月21日 朝嘔吐
病院が休みの為 様子を見る

1月22日 朝嘔吐 元気&食欲はあるが 病院に

血液検査 数値の高い物があり そのまま入院となる

胆嚢 膵臓 どちらかの消化器系で炎症がある

内科的治療が始まる

23日
24日 再血液検査 で数値が上がってる為 少し違う薬の点滴に入る
25日
26日 まったく数値下がらず 内科的治療の限界

    この日 胆嚢の摘出手術を 容認する事をなる

 開腹して 胆嚢が破れ 消化液が他の臓器に漏れていれば 腹膜炎もおこる
     その場合 胆嚢切除の時に 洗浄して 手術終了となる

 肝臓の近くにある為 肝臓もダメージを受けている可能性もあり
 肝臓は強い臓器の為  術後 時間がかかっても回復する説明を受けた


   診察終了後 手術に入る  飼い主は連絡を待つのみ・・
  22時42分 「胆嚢摘出手術が終わりました 漏れは無し ただ肝臓のダメージが大きい」
  23時21分 「麻酔からさめて 自分で立ってケージの中に入りました」

 胆汁 うちはもう数年朝&夜の投薬で  増えてないかな 固まっていないかな 
  の検査をしていましたが

  本人はいたって元気な為 手術に決断するのが怖かった・・
  あくまで進行を 遅らせる くいとめるまでの方法であった

    自分用に 9歳のポメラニアンの ぽーが 頑張ったしるしとして書いています

    もしも 手術悩まれてる飼い主さんが 見る機会があれば
       なるべく早く 決断するべきかもしれません 
   
       1月27日 本日 面会してきます  

       あの子を4日も。。。。。。抱けていない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR